本文へ移動
私たち公益財団法人福島県消防協会は、消防に関して地域や社会に貢献してまいります。このホームページから「福島県の消防に関すること」などみなさまのお役に立てる情報をお届けします。

福島県消防協会からの新着情報やお知らせ

第42回福島県消防操法大会の日程が決まりました。

第42回福島県消防協会の日程が次のとおり決まりました。
開催日   令和2年8月30日(日)
場 所   福島県消防学校
主 催   福島県、公益財団法人福島県消防協会
競技種目  ポンプ車操法の部 小型ポンプ操法の部
      各種目16チーム
その他   ポンプ車操法の部の優勝チームは、千葉県市原市で
      開催されます第27回全国消防操法大会に出場します。

桑折町消防団に消防車両が交付されました

(公財)日本消防協会では令和元年度消防団員等福祉増進事業の一環として消防団活動車の交付を行っています。
 この車両は平時には防災学習や防災指導用として活用し、災害発生時には緊急車両として消火・救助活動等の現場で活用できるものです。
 本県では今年度、桑折町消防団が消防団活動車の交付を受けました。
 桑折町消防団の津田次男団長は「桑折町消防団は地域住民の安心・安全を守るため、火災の未然防止、予防消防に努めています。頂いた交付車両は、特に女性消防団を中心に、平時でも積極的に活用し、より一層防災啓発活動に努め、消防人として住民の負託に応えていきます。」と女性消防団の活性化と地域の防災力の一層の向上のために交付車両を活用する期待を述べました。

令和元年度消防団入団促進パンフレットを作成しました

 福島県消防協会では地域防災力の中核となる消防団への加入促進を図るため、入団促進パンフレットを作成しました。
 消防団は、地域住民の生命、身体、財産を災害から守るために日夜献身的に任務に当たっています。
 昨年の台風第19号による記録的な大雨等の災害時には、県内で延13,000人以上の消防団員か活動しました。
 今、私たちは一緒に地域を守る仲間を求めています。
 消防団入団に関しては、お住まいの地域の市役所、町村役場、消防本部までお気軽にお問い合わせください。
 
 

女性消防団員等研修会を開催しました。

 11月30日、令和元年度女性消防団員等研修会をいわき市労働福祉会館において開催しました。
 報告発表として福島市消防団の宮村たま江部長と伊達市消防団の八巻ひろえ団員から9月19日に青森市で開催された「第25回女性消防団員活性化青森大会」の参加報告を行っていただきました。
 次に、消防団員等公務災害補償等基金の協力により、「消防団員セーフティ・ファーストエイド研修」として消防庁緊急時メンタルサポートチームの重村朋子先生に「惨事ストレスとその対策」と題して講演していただきました。詳しくはこちらをご覧ください。
公益財団法人福島県消防協会

〒960-8043
福島県福島市中町5番21号
TEL.024-522-5974
FAX.024-522-6387
0
0
2
4
6
5
TOPへ戻る